penyampaian ilmu

Jika kita hendak mengetahui sesuatu, cara paling cepat dan pantas adalah dengan mencari di internet atau paling tepat wikipedia yang ada dalam berbagai bahasa utama dunia. Cuma saya lebih suka membaca dalam Nihonggo (bahasa Jepun) kerana penerangannya lebih terperinci dan mudah difahami dengan bantuan foto, gambarajah dsb. Cuba kita bandingkan artikel dari wiki mengenai “hybrid car”

Dari artikel bahasa Jepun (lebih terperinci di sini):

ハイブリッドカー (Hybrid Car) とは、作動原理が異なる二つ以上の動力源をもち、状況に応じて単独、あるいは複数と、動力源を変えて走行する自動車のこと。自動車のエネルギー効率は、 “Well to Wheel”(油井から車輪)までの総合効率で考える必要があるが、ハイブリッドカーは総合効率が電気自動車や燃料電池自動車と同程度であり、環境負荷の低い実用車として注目されている。

広義のハイブリッドカーには、エンジンの排気エネルギーをターボチャージャーの排気タービンを介してその回転力を回収し、クランク軸(出力軸)に戻す「ターボコンパウンドエンジン」までもが含まれるが、以下では1997年のトヨタ自動車のプリウスの発売が契機となって一般への普及が始まっている、内燃機関と電動機を組み合わせた、「化石燃料+電気式のハイブリッド車」 (Petroleum Electric Hybrid Vehicle (PEHV) )を中心に記述する。

概要
走行時の環境負荷の低い自動車としては、電気自動車、水素自動車、燃料電池車の排気がクリーンでエネルギー効率が良い。しかし、製造コストが高い、充電時間が長い、常温で気体である水素の充填量が増やせない(燃料タンク容積に対し、取り出せるエネルギーが少ない = 充填1回当たりの走行距離が少ない)、水素充填のためのインフラ整備が財政負担となるなど、多くの問題があり、いまだ開発途上にある。

一方、内燃機関(以下エンジン)に蓄電池(以下バッテリー)と電動機(以下モーター)を組み合わせたハイブリッドカーの場合、各々の技術は自動車の誕生の頃から使用されている信頼性の高いものであるが、複数の動力を制御する複雑さ、および、内燃車と電気車のシステムを合わせた重量の問題や、その結果によるコスト増が常につきまとっていた。しかし、1997年にトヨタ・プリウスが市販され、多くのハイブリッドカーが公道を走るようになった。エネルギー源に化石燃料を用いる場合、従来のガソリンスタンドでの給油のみで、距離の制限なしに走行が続けられるため、新たなインフラ整備を行う必要がない点も普及の後押しとなった。さらに、夜間電力などの利用で、さらなる有害物質やCO2の排出と、運行コストの低減が期待できる、家庭用電源による充電機能を追加した「プラグインハイブリッド」の追加も複数の自動車メーカーから発表されている。

そのほか、補助動力の蓄積には、並行してキャパシタや圧縮空気、フライホイールなども試行されているが、エネルギー蓄積量やコストの面から、現在のところは二次電池を用いるのが一般的である。

ハイブリッドシステムの種類と特徴
発電と駆動の方法により、「シリーズ方式」、「パラレル方式」、「スプリット方式」に大別できる。

シリーズ方式
シリーズハイブリッド

シリーズ方式(直列方式)は、エンジンを発電のみに使用し、モーターを車軸の駆動と回生のみに使用するもの。実際の仕組みは、エンジンで発電機を駆動し、発生した電力を大容量バッテリーに一旦蓄え、その電力でモーターを駆動し、走行する、自家発電が可能な電気自動車。電気自動車の大きな欠点として、出先で充電設備を確保しにくい点、充電時間が長い点、1充電あたりの走行距離が少ない点などが挙げられるが、内燃車同様に燃料を補給するだけでこれらの欠点から解放される。

エンジンで発電し、モーターで走行する、ガス・エレクトリックや、ディーゼル・エレクトリックと呼ばれる方式は古くから実用化されており、枯れた技術である。初期のハイブリッドカーはこれをベースとし、発電機とモーターの間に大容量バッテリーを追加することで、エンジンと発電機双方の小型化と、使用率の低減が可能となり、効率が改善された。

出力制御が容易であることがメリットだが、内燃車と電気車のシステムが共存するうえ、バッテリーの追加で、システムの占有容積と重量が大きくなること、熱となって失われるエネルギーが多く、効率が高くないことがデメリットとなる。この点を補うため、マイクロガスタービンと小型超高回転発電機を組み合わせたものが試作されている。また、マツダでは、軽量化に加え、エミッション低減のため、自社の技術を生かした水素ロータリーエンジンを使う試みもなされている。

* モーターを各ハブに装着(インホイールモーター)
o ゼネラルモーターズ小型乗用車、クライスラー、ユニーク・モビリティ
* モーターを車体(ばね上)に装架
o ボルボ小型乗用車、ゼネラルモーターズ小型バン、三菱自動車小型乗用車(ESR)、トヨタ・コースターEV、三菱ふそう・エアロスターHEV・エコハイブリッド、IVECO大型小型バス、MAN大型バス、デザインラインタービン電気バス


dari artikel (1)


dari artikel (2)

Dari artikel bahasa Inggeris (lebih terperinci di sini):

A hybrid vehicle is a vehicle that uses two or more distinct power sources to propel the vehicle.[1] Common power sources include:

* On-board rechargeable energy storage system (RESS) and a fueled power source (internal combustion engine or fuel cell)
* Air and internal combustion engines
* Human powered bicycle with electric motor or gas engine assist
* Human-powered or sail boat with electric power

The term most commonly refers to Hybrid-electric vehicle (HEV) which includes internal combustion engines and electric motors.

Hybrid types
Vehicle type
Single-wheeled vehicles

There were large Chinese wheelbarrows depicted with sails and masts.[2] Likewise, there are the same Chinese wheelbarrows with sailing masts depicted in the Atlas of Gerardus Mercator (1512–1594 AD), as well as the 1626 AD book Kingdome of Chinay J. Speed.[2] The English poet John Milton (1608–1674 AD) popularized the Chinese sailing carriage in Europe with a poem written in 1665.[2]

Two-wheeled and cycle-type vehicles
Mopeds and electric bicycles are a simple form of a hybrid, as power is delivered both via an internal combustion engine or electric motor and the rider’s muscles. Early prototypes of motorcycles in the late 1800s used the same principles.

* In a parallel hybrid bicycle human and motor power are mechanically coupled at the pedal drive train or at the rear or the front wheel, e.g. using a hub motor, a roller pressing onto a tire, or a connection to a wheel using a transmission element. Human and motor torques are added together. Almost all manufactured models are of this type. See Motorized bicycles, Mopeds and[3] for more information.

* In a series hybrid bicycle (SH) the user powers a generator using the pedals. This is converted into electricity and can be fed directly to the motor giving a chainless bicycle but also to charge a battery. The motor draws power from the battery and must be able to deliver the full mechanical torque required because none is available from the pedals. SH bicycles are commercially available, because they are very simple in theory and manufacturing.[4]

The first known prototype and publication of an SH bicycle is by Augustus Kinzel (US Patent 3’884’317) in 1975. In 1994 Bernie Macdonalds conceived the Electrilite SH lightweight vehicle which used power electronics allowing regenerative braking and pedaling while stationary. In 1995 Thomas Müller designed a “Fahrrad mit elektromagnetischem Antrieb” in his 1995 diploma thesis and built a functional vehicle. In 1996 Jürg Blatter and Andreas Fuchs of Berne University of Applied Sciences built an SH bicycle and in 1998 mounted the system onto a Leitra tricycle (European patent EP 1165188). In 1999 Harald Kutzke described his concept of the “active bicycle”: the aim is to approach the ideal bicycle weighing nothing and having no drag by electronic compensation. Until 2005 Fuchs and colleagues built several prototype SH tricycles and quadricycles. [1]

p/s: Adakah cara penyampaian ilmu dan pengetahuan berlainan mengikut bangsa atau kerajinan yang membezakan. Ini perlu kita fikirkan.

-nash-
Vocabulary:
スポンジ (suponji) – sponge
シャンプー (shanpuu) – shampoo
タオル (taoru) – towel
はみがきこ (hamigakiko) – toothpowder / toothpaste
シャワー (shawaa) – shower

Tagged:

11 thoughts on “penyampaian ilmu

  1. HE June 3, 2008 at 3:21 pm

    sangat2 related dgn post saya…. kewl tai tidak semua org faham bahasa Jepun, well satu advantage kepada yang memahaminya…

  2. nashriza June 3, 2008 at 3:31 pm

    he: …iye…penyampaian ilmu ini sgt penting samada dgn tv, majalah etc…byk media yg berkesan tetapi cara penyampaian juga penting mengikut target group…

  3. lina June 3, 2008 at 11:05 pm

    kami suka baca mag/buku Jepun sebab walau tak faham pun, gambar y disertakan bersama pun dah cukup informatif. Mcm guide book Disneyland. Hihihi

  4. lina June 3, 2008 at 11:06 pm

    kami suka baca mag/buku Jepun sebab walau tak faham/tak reti baca pun, gambar yg disertakan bersama pun dah cukup informatif. Mcm guide book Disneyland. Hihihi

  5. nashriza June 4, 2008 at 12:18 am

    lina: kami sebenarnya sedang mengumpul buku untuk kanak2 esp picture book sbb menarik sgt….buku ultraman pun byk…dalam 100 yen je satu kertas tebal (2nd hand di Book Off)

  6. !x0r@ June 4, 2008 at 2:13 pm

    Hmm,sepatah pn saya tak faham tulisan jepun tu. Tengok je laa.. huhu

  7. nashriza June 4, 2008 at 2:20 pm

    ixora: takpe boleh belajar…sikit2…

  8. Sara Foster March 6, 2011 at 7:53 am

    My partner and I received a huge amount of pleasure from the blog post. I’m certain that the following quote will get your interest. – “Indolence is a delightful but distressing state; we must be doing something to be happy.” ~ Mahatma Gandhi (1869 – 1948)

  9. スタビdeセックス May 10, 2011 at 10:14 am

    初めてでも安心して使えるサイト

  10. source May 27, 2012 at 3:26 pm

    I Will have to visit again when my course load lets up – nonetheless I am getting your Feed so i could go through your internet site offline. Thanks.

  11. 水着通販サイト July 11, 2013 at 7:32 pm

    penyampaian ilmu | NashRiza’s

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: